東山マウンテンマラソン

 

東山三十六峰マウンテンマラソンに参加した。
去年トレランを始めるにあたり、最初に目標としたレースである。

鏑木さん面会・UTMFの話に高揚した精神状態で会場に入る。

しかし、最初のロードはともかく、梅谷登山口からの登りで身体が重く、変に汗が出る。
明らかに体調不良、いや調整不足か。

それでも石鳥居までたどり着き、一つ目の山をクリア。

いよいよ下りだが、体調が不安で飛ばせない。遅いと思いながらも列についていく状態。

しかし、セーブしたにもかかわらず、大文字への登りでもはや力が入らない。ありえないことに取り付きの林道から歩きが入ってしまう。しかも、火床の階段の所で右のふくらはぎが攣った。ひと山ちょっとで攣るなんて、調整不足も甚だしい。

ところで、火床から三角点の途中でいつもブログを拝見しているゴンゾーさんらしき方が立っていたが、ご本人のブログにて私設エイドを出していたとのこと。声をかけてみればよかったのだが、ヨレヨレで余裕がなかったのが本当のところ。

もう少しでリタイアしそうな感じだよ、と何処かで聞いたような台詞が思い浮かぶが、まだ半分。

しかし、今回は初めての地元レース、稲荷山のピークに家族が見に来てくれる。そこまでなんとか辿り着きたい。

将軍塚へのロードはゆっくりだが歩かずに登りきる。後は下り基調でまとまった登りはない。

脚の付け根の前内外が左右とも攣りそうだが必死に脚を前にだす。

いよいよ最後の稲荷山の登り、何度も脚が止まるが、もう少しだ。

登りきって尾根へ。階段の手前に家族が待っていてくれる。最後の力を振り絞って走っているところを見せよう!

本人的には限界、なんとか走っているように見えるだろうか、家族の応援を思い浮かべると涙が出そうになる。


しかし、予定の場所にはそれらしき姿はない。あれ?


通過予定時間を大幅にオーバーしたので帰ってしまったのかも知れないなぁ、と落ち込むが、ゴールまで後少しなので、がんばって走る。


ゴールと同時にかみさんが携帯カメラを向けて駆けてきた。

教えた場所がよくわからなかったところへ、リュックをしょった黒タイツの人が次々と歩いて来るので、辿ってみたらゴールの所だったので、ここで待つことにしたんだそうな。

概ね正解(笑。

タイムは目標から30分以上遅れて4h22m、正直かなり落ち込んだ。


一年と少しのトレーニングながら、その集大成としての結果を望んだが、如何せん、11月からの繁忙状態が師走で増幅される始末、練習不足で9月の大江山より退化、落胆の結果となった。


来年は是非、気持ちよく走り抜いて、鏑木さんとのツーショットに恥じない結果を残したいと思う。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:41 最後に更新した日:2011/12/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM