平尾台40km惨敗記

JUGEMテーマ:トレイルランニング


平尾台は昨年、初めてトレイルランのレースへの参加を果たした大会であり、自分にとっては年に2回のメインレースの1つ、という位置づけである。


第1回大会は初めてのトレイル40kmという距離にぼろぼろになり、なんとか完走といった感じだった。


なので、この1年間、いつも平尾台を念頭に、2レベルぐらい向上するつもりでトレーニングをおこなってきたし、自分としてもかなり思っていたレベルに近づけたと思う。


今回は、仕事の関係で金曜日中の北九州入りはできず、フェリーで土曜朝に入り、1泊してレース、その夜にまたフェリーに乗るというスケジュールとなった。


結果的にはこれがあだとなった。


往路の船中、2等船室雑魚寝ながら、広い部屋にバイクツーリングのおじさんと二人だけ、仕事の疲れもあり、朝までぐっすり眠ることができた。


しかし、起き上がると首に違和感が。



寝違えている。


それほどひどくはなかったが、私の経験上、こうなったら必ず悪化するのである。


残念ながら、予想通り大会当日の朝にはまっすぐ立つのがつらいぐらいに悪くなった。ほとんど首をまわすこともできない。


なんとか準備をしてスタートゾーンまで行く。

非常に寒い。頭の中では、UTMBのDVDでキリアン選手が風すさぶ明け方の急坂を上っている時のBGMがリピートしている。

いよいよスタートだ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:41 最後に更新した日:2011/12/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM