平尾台40km惨敗記



一応、コース区間タイムのシミュレーションをおこない、エイド毎の目標タイムをゼッケンの下の端に記入しておいた。ちなみに、目標は5時間切りである。


スタートでは初めて石川さんとハイタッチできた。



しかし、体に変な力が入ってスムーズに走れない。一歩一歩の振動で首が痛む。まっすぐ前を向くことができず、うつむき気味になんとか中盤ぐらいの集団についていく。

最初のピークである大平山の取り付きまで、せっかくの快走トレイルなのに、苦行状態である。

のぼりはいくらかまし。急傾斜を歩き続けるペースを練習でつかんでいたので、いつものオーバーペースで尻の筋肉がとんでしまうのは、このレースでは最後まで避けられた。これが今回の数少ない成果の一つ。

大平山からの下りでは体の自由が利かず、ひじを岩に擦っていきなり流血。平尾台の羊さん石は、その風貌と違い、尖った粒々でおろし金状なのだ。


また、駆け下りる際、バランスをとろうとすると、時々ズキっと痛みがでて、姿勢を制御できない。テンポ良く下れない。


四方台を通過し、1A着。
既に予定から20分遅れている。


1A直後のコースはちょっと去年と変わっている?


それでも水晶山後の激下りも無事パス。結構みんなしりもちついてすべり降りてます。


3Aへは結局30分遅れで到着。今回はザックでなく、ウェストポーチのみだが、名物の草餅をもらってつめる(今年も翌朝フェリーでの朝食にしました)。ちなみにコーラはなくなって、炭酸はキリンレモンだった。


この辺りまで来ると体が温まったせいか、少し首が楽になった。
しかし、新たな問題が発生した。


不自然なフォームで痛みを堪えながら走ったせいか、両腕がものすごく疲労して痛みが出た。これは初めての経験である。以降、腕を振ってペースを作るのがしんどかった。
また、同様に右膝に今まで感じたことのない痛みが出つつあった。


さて、ここからはのぼり基調となる。

長い林道のところは、傾斜にあわせて歩きも交えながら極力疲労を少なく、速度をキープする走り方をした。区間タイムは目標タイム通りで4A到着。30分遅れのまま。

偽水晶山へのマゾヒスティックなのぼりも、ゆっくりながら休みなしでクリア。去年はここからの上りは3歩進んでは立ち尽くすといった感じでのぼりの筋力を使い果たしてしまったのだ。

これなら目標は少し遅れるが、去年の記録は大幅に更新できるのでは、と少し希望がわく。


しかし、そうはならなかった。


右膝の痛みが悪化し、下りがまったく走れなくなってしまったのだ。平坦な部分でもかなりペースダウンを強いられた。

したがって、のぼりで目標ペース維持してもタイムを稼げる平坦・下りで歩きに近いペースとなってしまう。5Aでは目標から50分遅れとなり、昨年のタイム更新もあやしくなってしまった。


周防台への急登も、のぼりの足は残っていて、ほぼ調息もなしでピークに。しかし、スタッフの人に「もう大きなのぼりはないですよ」と声をかけていただくも、下りの恩恵にあずかれる状態になく、途方にくれる。


6Aで1時間遅れ、普通なら、まだ走れば記録更新できるが、後3kmほどをほぼ歩きなので、6時間を切るのも難しくなった。完走だけが目標となった。


トレイルを抜け、公園に入ってからは、片足だけ前に出すような不自然な走り方ではあったが、なんとか走り続けてゴールテープを受けた。


タイムや順位は確認してもしかたがないので、しなかった。



正直、1年の努力が水泡に帰したようで、がっかりした。せっかくのコースも味わう余裕がなかった。しかし、アクシデントが元とはいえ、それが自分の実力である、というのも事実のように思えた。


ただ、一つ今回の自分について、良かったと思うことがある。

コースのあちこちで誘導をしてくれたスタッフの方々やエイドの方々に、痛い、しんどいとうったえても何にもならないし、感謝の気持ちをあらわしたいと思ったので、苦しくてもにこっと笑うことにしたのだ。

すると、何人かの方に「いい笑顔ですねー!」と言ってもらえた。

これは本当にうれしかった。


石川さん、来年はベストスマイル賞とか、どうですか?

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:41 最後に更新した日:2011/12/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM