うずうずしてよれよれ

JUGEMテーマ:トレイルランニング

ほとんど骨折の痛みがなくなったとたん、ちょっと長めに走ってみたくてうずうずしましたので、土曜に東山マウンテンマラソンのコースを走ることにしました。

午後に用事があったので、早朝から出かけるつもりが、寝る前に飲んだ薬が効いていたのか、目覚ましまったく聞こえず。いきなり寝坊。宝ヶ池公園到着が9時前になってしまう。

12月に通しで走ったら4時間ちょっとかかったので、用事に間に合うかぎりぎり。とりあえず、行ける所まで行こう、とスタートする。

公園から梅谷登山口までのロードは初めて迷わず到着(山だとほとんど間違わないのに、市街地はどうしても覚えられないのだ)。しかし、トレイルに入るとすぐに息があがる。骨折前は8割方走れた登りがいいとこ3割くらいしか走れない。

それでも水飲対陣跡・石鳥居を過ぎてからは気持ちよく駆けおりる。

バプテスト病院から大文字山登山口までは正式コースの朝鮮学校に無断で入るのは気が引けるので、白川通り近くまで迂回する。

途中の湧き水をボトルに補充する。沢沿いの道に2か所湧き水があるのだが、ほこらのある方がおいしい水だと以前ハイカーの人に教えてもらった。ここからもすぐに息があがり早足で歩いてのぼっている程度。ひいひいである。

やっと三角点まで到達、再び気持ちよく駆け下りるが、少し脚がいうことをきいていない感じでペースは遅め。

途中、かっこよくトレランのアイテムで固めたおじさんの一団と出くわす。ハイドレーションのチューブとか見えてていかにもである。どこから上ってきたのか、よれよれだが、がんばってください。おいどんもよれよれだががんばるよ。しかし、副業サラリーマンでは、あのコスチューム一式そろえるのは夢のまた夢だな。

などと雑念に囚われているうちに日向大神宮通過、三条通りまで降りてくる。既に2時間30分を経過、続行か切り上げるか葛藤しながら将軍塚へのロード区間を登り始めるも、計算上切り上げないと用事に間に合わないことに気づき、リタイアする。

やはり3ヶ月程の走暦で1ヶ月ブランク作ったらいかんですよ。特に忍耐力が衰えてしまいましたよ。なんせ、あれだけしんどいと思ったのに翌日は筋肉痛の一つもないんだから。

いよいよ来週に迫った木津川マラソンも脚と忍耐力の作り直しと考えて参加します。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:41 最後に更新した日:2011/12/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM